起業全般

あえて起業をおすすめする理由

shutterstock 570428959 1024x640 - あえて起業をおすすめする理由
出典 shutterstock

起業と聞くとなんとなく腰が引けてしまう方が多いと思いますが、

  • 何となく大変そう
  • 危険が伴いそう
  • 多額の借金を背負いそう

なんてネガティブなイメージを持つ方が多いかもしれませんね...

実は稼げる業界

 それでも私は一度起業することを検討することをおすすめします!

 なぜなら今日本では、意外な分野で人材が不足するという事態が進んでいるからです。

 例えば建設業界。特に職人さんの世界において人材不足は顕著になっていて、仕事はあるが、人材がいないために工期を延期せざるを得ないという話をよく聞きます。

 例えば、建設業の中でもとび職の職人さん。よく建物の建設現場で足場を組んで、ニッカポッカ姿で高所作業をされている方を見かけますが、どのくらいのお金を稼いでいるか想像できるでしょうか?

(例)建設会社が応援のとび職1名を現場に送った際に請求できる報酬(一日あたり) 最安値 およそ8,000円程度  最高値 およそ40,000円程度       ※ここ5年の私個人の統計です

 あくまで建設会社が他社に請求する金額なので、これがそのままお給料に直結はしませんが、この差はすごいと思いませんか?

 最高値はオリンピック特需が関係しての金額ですが、このまま人材不足が続くのであれば、これに近い状況は今後も続くと考えられます。

 建設業界は、公共工事削減の流れの中で、大変経営的に苦しい状況が続き、世間的にもそのイメージが定着しました。その流れの中、建設業界で仕事に就きたいという希望者は減少傾向にありました。ただ現状は建設業従事者が減りすぎ、特に養成に時間のかかる職人さんの不足により、現場が工期どおりに完成出来ないという現象が起こっています。

 今の日本は高齢化と就業人口の減少により、マンパワーの不足する業界が増加しています。もちろんいいことばかりではありませんが、人材が不足している業界で必要な人材となり、実際にその業界で仕事に従事することで、高い収入を得る可能性があるのです。

まとめ

 これらの状況を踏まえて、私は起業の検討に必要な情報を発信していくつもりです。

 このブログを見て、一人でも多くの方の起業の後押しを出来ればいいなと思います。起業に必要な知識、前提情報そしてその進め方などを記していきます。

-起業全般
-,

Copyright© 副業、起業のすすめ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.