経営全般

テレワークの実態はどうなっているか

shutterstock 1700313907 1024x507 - テレワークの実態はどうなっているか

 緊急事態宣言の下で、新しい働き方としてテレワークによる勤務が一気に浸透しました。中にはこれに適さない仕事もあるため、すべての会社で導入されるということは難しいと思いますが、コロナ禍の下で多くの企業がテレワークの本格稼働、試験運用を進めており、国の補助金の影響もあり、今後もさらにこの制度の活用が進んでいくものと推測されます。

(関連記事)ニューノーマル時代の事業はどうあるべきか

テレワークの体験者の感想

 私自身は、仕事内容がテレワークにそぐわないため今回実現は叶いませんでしたが、最近テレワークを会社で導入し、現在も活用されている会社役員様の話を聞くことができたので、ここに記しておきます。ただ一テレワーク体験者の感想を記すものであり、このもとをもってテレワークの良しあしを判断するものではないことにご留意願います(笑

Q1 テレワークで仕事をするメリットは?

A 全国出張が多い仕事であるが、移動が必要ないため余分な経費を使わず、その分の時間が有効活用できるようになったことは大きい。

Q2 テレワークは今後も会社で定着しそうですか?

A 今のところ不明である。メリットを感じる人も多いが、直接人と人が合う方が仕事がしやすい、今までと同じやり方で仕事がしたいという人もいるため、今後推進していくか協議が必要であると考えられる。

Q3 テレワークは日本の働き方を変えると思いますか?

A 今のところそこまでの断言はできないが、働き方の選択肢が増えたということは間違いないと思う。

テレワークの今後

 あくまでテレワーク未熟者の私が聞きたかったことを聞いてみたのですが、少しは参考になったでしょうか?

 印象的であったのは、テレワークを活用することで、実際に無理無駄が省ける効果があるということ。同時にテレワークの浸透によって出張の頻度が減る可能性があるので、交通機関、オフィス(特に貸し会議室)産業への影響は少なからずでてくるのではないかということを感じました。

 あとやはり新しい変化についていけない層の存在が、テレワークの実現を妨げる可能性があることも実感しました。

 今後のテレワーク制度の浸透具合がどのようになるかはわかりませんが、少なくとも今回の体験者の方はテレワークに対して好印象を持たれており、今後この制度がどんどん浸透していくことを望んでおられたことは付け加えておきます。

テレワーク大全

新品価格
¥2,200から
(2020/6/9 18:50時点)

419v4X5oUjL. SS160  - テレワークの実態はどうなっているか
0 - テレワークの実態はどうなっているか

-経営全般
-, , ,

Copyright© 副業、起業のすすめ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.